浪漫紀行 〜ロハスな旅〜

2014年02月11日

キリストの墓!?


(↑青森県の新郷村です)

 青森県の新郷村には、キリストの墓という摩訶不思議なものが存在します。
 謂れによれば、ゴルゴダの丘で処刑されたのは、イエス=キリストでは無く、弟のイスキリだったそうで、実はキリストは、その後なんと!日本の逃れてきて、十来大天空なる人物として、102歳の天寿を全うしたとの話が伝わっています。
 多分、上記の話は嘘でしょうが、キリストの磔自体が無かったとの説もあり、本当のところは、誰も分かりません。もしかしらたら、本当に日本にまで来ていろいろと修行を積んでいたのかも知れません。気になる所です。
 嘘くさい話ですが、実は数年前にイタリアのある大学でわざわざ調査に来たこともあるくらいなので、案外、本当のことかも知れません。
 この新郷村への行程ですが、概ね下記の通りとなります。

≪行程≫
・東京−八戸間(東北新幹線利用)
・八戸−新郷村間(レンタカーが無難です。国道454号線をひたすら西に行きます。90分程度でしょうか?)
※宿泊については、青森県八戸市内の宿を予約することをお勧めします。

((費用について))
1泊2日で概ね4〜5万円とみて間違いないでしょう。





(ランキングサイト参加中です!)
にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
posted by ハンノン at 00:32| Comment(0) | 穴場のツアー企画集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

祝!国立公園指定!




(上の写真をクリック!)

 ここのホテルの名は、「東京第一イン八戸」!
 青森県八戸市の中心街にあるホテルなのですが、実は、とてもリーズナブルな料金で泊まることができます。


 青森県八戸市種差海岸と蕪島、そして隣町の階上岳は、平成25年5月に県立自然公園から、なんと、国立公園に指定されました。
 新国立公園名は、「三陸復興国立公園」!
 陸中海岸国立公園に、種差海岸と蕪島そして階上岳を加えて、新たに「三陸復興国立公園」として誕生!

 この国立公園、誕生したてで種差海岸や蕪島、階上岳等には残念ながら土産物屋等はあまり整備されていないのが実情です。ですが、自然たっぷりでウォーキング客等がひっきりなしに訪れています。

 NHK朝の連続テレビ小説、「あまちゃん」の舞台となっている岩手県久慈市までは約1時間。
 久慈市の小袖海岸を見学した後、種差海岸に寄って、宿泊は、この第一インへ!朝食ナシで2,400円はお得です。夜は八戸の街へ!700件のスナックの前に、新名物「屋台村」に行きましょう!

 青森県八戸市へは、東京から新幹線で約3時間。
 そう、3時間で国立公園に来ることが出来るのです。
 その国立公園から八戸市内までは、タクシーで飛ばして20分。八戸市内だから当然ですね!

 案外、今穴場の八戸へ!どうでしょう? 

(ウルトラリーズナブルなホテルです。ここをクリック!)


(↓ランキングサイト参加中!クリック願います!)

にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
posted by ハンノン at 23:30| Comment(0) | お勧め!プチ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月30日

富める者から貧しき者まで・・・大沢温泉





 大沢温泉は、花巻南温泉郷に位置する、東北地方では有名な温泉旅館です。
 知る人ぞ知る!といった感じではありませんが、それなりに有名です。

 ではその理由は何か?
 それは、富める者から貧しき者まで全てを受け入れる!そんな空気があるからではないでしょうか。
 富める者の場合、上記写真(クリックしてみてください!)にある山水閣にご宿泊下さい。トップシーズンで1泊朝食付きで多分5万円以上でしょう。中でも素晴らしいのが、かの有名な宮澤賢治氏の書が飾ってある部屋です。まぁ、高い筈です。この山水閣に宿泊すれば、5か所の風呂が楽しめます。内1か所は山水閣専用客用の風呂です。4か所の内、露天は1か所、半露天は1か所となります。

 さて、次は中間層です。ここは、農家風の建物(所謂、茅葺屋根)を楽しむ菊水館です。4か所の風呂が楽しめて、1泊2食付きでの宿泊がスタンダードでしょう。料金は7,000円から9,000円程度で、部屋の大きさによって若干料金が違ってきます。通常の温泉旅館と代わり無いようですが、楽しめる風呂の数は相当です。この値段は、お値打ちと考えて間違いないでしょう。

 最後に登場するのは、貧しき者が泊まる場所、“自炊部”です。自炊部だから自炊する訳ではなく、ただ単に、宿泊だけというわけです。楽しめる風呂の数は4か所。料金は3,000円程度と激安です。なぜ安いのかですが、多分、煎餅布団にそのまま寝るだけだからではないでしょうか。家族連れの方には、夏場や、初秋等には本当にお勧めです。食事についてですが、「お食事処・矢作」なる居酒屋があり、そこで飲んでもよいでしょうし、売店でおにぎりなんかを打っているので、そこで買ってもよいでしょう。温泉まで来る途中のコンビニで買っての持ち込みもOKです。

【料金等】
東北新幹線で東京〜新花巻、若しくは新幹線で東京〜北上まで、在来線で北上〜花巻という方法もあります。料金は往復でせいぜい3万円程度。新花巻、花巻の両駅からバスが出ています。タクシーで行かれる場合は、それなりに覚悟が必要でしょう。


(ランキングサイト参加中です。↓クリック願います)
にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
posted by ハンノン at 23:26| Comment(0) | 温泉旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。