浪漫紀行 〜ロハスな旅〜

2011年03月14日

ヨーロッパ旅行関連のオススメ情報

久しぶりに学生時代から付き合いがある旅行好きな友人と会いました。
友人はスペイン 旅行から帰ってきたばかりだそうで、旅行話を聞かせてくれました。
これまで年に数回旅行に行っている友人は、去年行った香港 旅行の写真や、独身時代に行ったフランス 旅行の話も聞かせてくれました。
最近は御家族と旅行へ行く為に旅先を探しているとのことで、一緒に探してみることにしました。


料金的にも安心なマカオ 旅行は御家族連れの旅行者も多いらしく、様々なマカオ ツアーパックもあることから人気のようです。
ファッションで有名なパリ 旅行は若い女性に人気があるそうですが、
男性の中ではイギリス 旅行など、音楽の歴史に触れる為に訪れる方も多いとか。

また、小説にも出たことのあるモン・サン・ミッシェルは有名ですね。

優雅なイメージのあるギリシャ 旅行は、幅広い年齢層の方に人気があるらしく、
ギリシャのミコノス島は景色が壮観な眺めだそうです。

エーゲ海に浮かぶサントリーニ島は海に浮かぶ宝石とも言われているとか。

シンデレラのモデルになったお城があるドイツ 旅行は、
中世の古城や歴史巡りが好きな旅行者が訪れる事も多いそうです。

このようにヨーロッパ 旅行は、最先端のファッションから
歴史に触れる機会も多いので、若い方から年配の方まで人気があるそうです。

人生観が変わると言われているインド 旅行も若い旅行者に人気があるそうで、
学生時代にエジプト 旅行へ行った以来で、また行きたいと話していました。





友人が若い頃にアメリカ 旅行に行った際に、様々な国の方と知り合ったそうですが、
行き先を尋ねると、その殆どの方はラスベガス 旅行へ行く方が多かったそうです。

最近はニューヨーク 旅行へ行く学生も多いと伺ったことがあります。

友人の奥様はウォルトディズニーワールドへ行ってみたいと仰っていました。

常夏のイメージがあるサイパン 旅行は新婚旅行で行く方も多いそうです。

出発時間を夜にする事で、仕事終わりに行けるドバイ 旅行のように、
自分の都合でスケジュールが決めやすいパラオ ツアーをはじめ
自由にアレンジできるベルギー 旅行は評判も上々だとか。

友人はまだパラオ 旅行に行った事が無いらしく、是非行ってみたいと話していました。

オーストリアのウィーン 旅行は欧州有数の
グローバル都市であることから情報収集に伺う方も多く、運河で有名なオランダ 旅行
世界遺産を見学しに来る方も多いとか。




友人家族は北欧 旅行だけでなく、
国内旅行の行き先も探しているとの事で、国内の旅行先も探してみました。

根強い人気の沖縄 旅行は、
様々な沖縄 ツアーパックがある事で、
自分好みのパックを選べると評判のようです。

この時期はラベンダーが綺麗な北海道 旅行は、
グルメが満喫できる北海道 ツアーも多く、
その逆に、地方から東京 旅行に来る方にとって
有名な観光地を巡る東京 ツアーは変わらず人気があるとか。

関西方面のusj ツアーと同じく、
関東の東京ディズニーランド ツアーは夏休みなど、
長期の行楽季節は大変人気があるそうです。

友人は落ち着いた雰囲気のある福岡 旅行へ行ってみたいと話していました。

また、以前行った旅行で名古屋 こどもの習い事をしている様子が印象に残ったそうです。

名古屋 バイオリンといった弦楽器や、更に名古屋 フルート
といった管楽器のトレーニングを自宅でされている方もいらっしゃるそうです。

友人も、のちのちお子さんに楽器を習わそうなかと話していました。


posted by ハンノン at 12:56| Comment(1) | 日記2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

徳川家康の伊賀越えを行く!

伊賀上野城.jpg
(伊賀上野城からの眺め。山に囲まれ、他の地方と断絶。それが忍者を生む契機に?)

 東京から大阪までのビジネスや旅行等では、その殆どは、新幹線が使用されるケースが多いのが現状ではないでしょうか?
 ですが、時間に余裕がある場合は、そんな急ぎの方法をちょっとだけ見なおしてみてはいかがでしょうか?

 具体的には・・・そう、乗換をするんです。
 では、どこで乗換をするか?

 ・・・・・名古屋です!・・・・・

 具体的には、高速夜行バス等で名古屋に到着し、名古屋から、近鉄で大阪に向かう方法です。
 確かに夜行バスはぐったりするし、現実的ではにかもしれません。でも、一生に何回あるでしょうか?高速バスに乗る機会なんて・・・。

 この旅行の目的は、必ずしも高速バスだけではありません。
 目玉は、近畿日本鉄道です。近畿日本鉄道は、名古屋と大阪とをほぼ一直線に、最短距離で結んでいます。
 その道なりは・・・、そうです。今から約400年前、本能寺の変の後、明智光秀の追手を逃れて、徳川家康が浜松まで辿りついた「伊賀越え」とほぼ同一の経路を鉄路が走っているのです。
 近鉄線で行けば、確かに名古屋・大阪間は2時間以上かかります。しかし、この路線、JRの新幹線のライバル路線でもあるためか、近鉄ではかなり力を入れているようで、車両もグレードが高いものを投入しています。
 序に、伊賀の里も車窓から眺めることができる最高の路線です。
 この近鉄線に乗っていると、“何故、この地域に大名が一人も現れず、伊賀や甲賀等の小規模な忍者集団が支配したのか?”という疑問が一気に解決します。

 山間に3件の瓦葺の民家、沈みかける夕陽がとても綺麗な感じです。

≪料金≫
・高速バス :2,700円(最安値で!)
・近鉄・特急:4,000円(特急券込)
  合 計 :6,700円

※近鉄駅は、JR名古屋駅の地下にあります。
※高速バスは、下記↓の広告をクリック!


↓ランキングサイト参加中!クリック願います!
にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
posted by ハンノン at 21:47| Comment(0) | お勧め!プチ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。