函館へ行こう!: 浪漫紀行 〜ロハスな旅〜

2010年06月06日

函館へ行こう!

 函館は、比較的新しい町ですが、日本史の表舞台に登場する頻度が多く、かなり有名な場所です。
 ここに、湯の川温泉という有名な温泉街があります。
 ですが、人気がありすぎて、宿泊料は高めです。
 ロハスな旅では、実は、温泉には日帰り入浴のみのご紹介です。
 宿泊は、市内のビジネスホテルです。
 日帰り入浴は、湯本啄木亭湯の川観光ホテル等、有名な所では実施しています。
 尚、宿泊に関しては、1泊朝食付き2,000円代からもありますが、概ね4,000円程度で計算します。
 はやり、交通費、いわゆるJR代が高くなりますが、滅茶苦茶な方法で、青春18きっぷの活用という方法もありますが、これはガマン大会になります。お勧めしません。
 大洗港から苫小牧港までフェリーで行って降りてくる方法もありますが、何のための旅行なのか分からなくなってしますね。
 以下は、行程表です。

 ≪行程表≫
 (1日目)
 東京(7:36)→はやて3号→八戸(10:39)
 八戸(10:50)→白鳥3号→函館(13:58)
 (2日目)
 ※函館市内観光
 (3日目)
 函館(12:53)→S白鳥22号→八戸(15:50)
 八戸(16:06)→はやて22号→東京(19:08)

 ≪料金≫
 JR代   :29,100円
 宿泊料   : 8,000円(4,000円×2泊)
 入湯料   : 2,000円
 現地交通費等:10,000円
  合 計  :49,100円
posted by ハンノン at 21:37| Comment(0) | 温泉旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。