夕張炭鉱は?: 浪漫紀行 〜ロハスな旅〜

2010年07月04日

夕張炭鉱は?

kurobenotaiyou[1].jpg

 夕張市は炭鉱の町として発展しました。
 現在では、財政破たんの町としてのみ有名ですが、それもこれも、夕張炭鉱という有名な、日本のエネルギーを支えた炭鉱のたまものなのです。
 今では、映画村とかメロンとかで何とか町おこしをかけているようですが、爆発的な雇用を生み出した、往時の炭鉱に比べれば、焼け石に水であることは言うまでもないでしょう。
 ただ、悪くなったのは、誰が悪いわけでもない、世の中の動きに国が対応できなかった、そのつけを自治体が払わされている、といった感じでしょう。

≪行程≫
新札幌駅前(10:40)→夕鉄バス→夕張本社ターミナル(12:03)
((昼食))
ターミナル(12:20)→バス→社光(12:33)
〔石炭博物館〜花畑牧場等〕
社光(15:43)→バス→ターミナル(15:56)
ターミナル(16:35)→夕鉄バス→新札幌(17:58) 

<料金>
・都市間バス代:2,940円
・路線バス代 :1,000円
・見学料   :1,200円(石炭博物館)
・食費等   :3,000円
  合計   :8,140円

【関連する記事】
posted by ハンノン at 15:25| Comment(0) | 工場見学・北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。