台湾旅行記・その2: 浪漫紀行 〜ロハスな旅〜

2010年10月18日

台湾旅行記・その2

 仙台空港等、地方の空港(とは言っても、関空や中部国際等は除く)からの海外便は、福岡等を除けば、未だにそう多いわけではありません。
 ご多分にもれず、仙台からの航空機も、一部通の間では“欠陥機”と揶揄されるDC9の発展系の“MD90”型でした。座席配列は、新幹線と同様の『3−2』の5列で、通路は1本のみです。離陸時の『鋭角上昇』という乱暴な操縦が売りの!?機体な訳です。

 3時間30分のフライトの後、台湾の桃園空港に到着。ここから、『担ズー麺』という、台湾料理の中では、比較的、あっさりした麺を頂きに・・・。(口に合わない食事が多い中、まぁまぁ口に合う!)下の写真です!

CIMG1226.JPG

 近場の海外で、確かに大阪よりは愛着があるものの(大阪には、修学旅行で通っただけ!右も左も分かりません!)、この食事だけは、どうにかならないものでしょうか?
 この旅行初の食事はOKとしても、次に行った『士林夜市』でノックアウトを食らいました。
 この南国独特の厭世気分の蔓延した(失礼・・・)、そして退廃的な(これもすみません・・・)、夜市!(下が写真)

CIMG1238.JPG

 「臭豆腐」の匂いを避けつつ、“ヘアチェン”なる食べ物を。エビと卵と片栗粉を油で揚げたものです。(周りの匂いがキツくて、味が分かりません↓)

CIMG1237.JPG

 何はともあれ、1日目、終了です。

 台湾への旅行、宿泊は、絶対、下記の2社が便利で格安です!

 ≪宿泊は→≫



 ≪航空券は→≫

posted by ハンノン at 23:58| Comment(0) | 憧れの台湾! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。