日記 (2): 浪漫紀行 〜ロハスな旅〜

2010年09月15日

新青森駅開業は歓迎すべき状況か?

≪札幌駅開業時の停車・集客パターン想像図≫
地図.jpg

 新幹線の新青森駅開業が間近に迫ってきました。
 不況下での開業、JR側としても造ってしまったから、何とか人を呼び込みたい!そんな思惑が見て取れます。決して、新幹線をここまで建設したかった訳ではないのです。
 その証拠に、JR側と青森県側の思惑の違いがあります。
 青森県ではせっせと、青森駅前を整備しているのに対し、JR側では青森駅舎内の、多分団体旅行客用の広場として確保しておいたであろう場所を、8割以上も削って、JR系のジャスターを新設。これは、“現青森駅は、今後、死に物狂いで利益を確保する場所とし、観光客専用の駅であることを放棄する”とのJR東日本の決意表明以外の何物でもありません。

 JR側が新青森駅開業を、心の底から歓迎していない理由は、その他にもあります。
 並行在来線の問題もそうですが、5年後には新函館に行ってしまう!ということがあります。
 新函館開業時はまだ良いかもしれませんが、問題は札幌まで全通した時です。

 上の図をご覧ください。
 これは、札幌まで新幹線が開業した場合の最速新幹線の停車・集客パターンの想像図です。
 あくまで想像なのですが、まず、八戸、新青森には全便停車はあり得ません。(ホームドアがついてますので・・・)
 但し、JR東日本の北の支社、盛岡にはホームドアが設置されていないため、全便停車する筈です。そして、喉から手が出るほど新幹線が欲しいJR北海道は、全便函館に停車させる筈です。兎に角、北海道内での人の流れを創造したいJR北海道としては、当たり前の戦略でしょう。

 ここで外されるのが、新青森と八戸です。他の駅は論外です。
 東京に行く最速の新幹線は、下記の停車パターンとなるでしょう。

 【札幌−新函館−盛岡−仙台−大宮−上野−東京】
 ここで、ネックになるのが、新函館と盛岡です。この2都市以外は全て100万都市です。
 では、この2都市の駅は、どうやって乗降客を確保するのか・・・?

 ここで、JR側は、最速新幹線の合間合間に、快速系の新幹線を挟みこむことを考えるでしょう。そうすれば、盛岡は、例えば東京方面に向かう新青森・八戸・秋田の方々の乗り換え駅として、新幹線開業前の状態に戻ることが容易に想像できます。(盛岡は政治力もあります。これは意外と見逃せないポイントでしょう。)

 さて、残るのは函館です。ここは、札幌方面に向かう八戸・青森の方々の乗り換え駅として機能することが考えられます。また、函館自体が、我が国を代表する観光都市であり、常時それなりの観光客が滞留していることも忘れてはなりません。

 新幹線新青森開業により、一時的に盛り上がるとは思いますが、一時的な現象で、後は並行在来線の問題が取りざたされることでしょう。今もそうですが、盛り上がりに欠ける理由としては、JR東日本最北の県庁所在地の駅なのに、ホームドアが設置されたり(今後延伸すれば、必ず通過列車を走らせるとの表明)とか、未だに青森支店(支社ではないため、重要事項は全く決定できない)である、といった基本的な所にあり、常に最新の情報が不足しており、関係者一同、不安な状態にあるためではないでしょうか?
posted by ハンノン at 00:30| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

味知飲食グルめぐり(青森県・八戸市)





青森県の八戸市では、平成の最初から「味・知・飲・食グルめぐり」なるイベントが開催されている。

 これは、1,980円、2,980円、3,980円の3つの統一料金が設定されており、初めて入るお店でも、料金のことを気にすることなく、入店できる!とう優れもの。
 9月、10月の2ヶ月間の期間限定の開催で、実際の所、ウン万人利用するとのこと。
 それもそのはず!店で出される商品の味の良し悪しは勿論、接客態度等もつぶさに観察されるアンケート募集はがきをユーザーが提出すれば、抽選で500名に1,000円分の食事券か、地場産品が当たるという企画までついて来る。
 無論、遠方から来た人のために、何と、食事券OR地場産品の選択も可能ときている。

 参加している店は、八戸市内の街中の店が多いが、中には八戸駅のテナントや、「八食センター」内の店も・・・!

 この企画は平成元年から始まっているらしい。
 ということは、現在、全国的に静かなブームとなっている「居酒屋めぐり」なんかの元祖であるとも言えます。今から20年前・・・、そう、ネットもこれ程普及してなく、紙媒体が主流だった時代です。
 そんな面倒くささ満載の時代から、この、アンケートをとられる!なんて、本当は店側では嫌なことでしょう。それを敢えて実施してきた・・・。

 この八戸地域の“飲食のレベルは抜群に高い”と言われる背景には、飲食店側のこういった「身を削ってまでの、市場への挑戦!」の賜物と言えるのではないでしょうか?

 そんなに美味しいの?信じられない!という方は、是非、おこし下さい。
(※上の写真をクリックすれば、八戸市内のホテル一覧にリンクします。ご利用下さい。「ホントにこんな・・・、安いんです!)
  ↓プレゼント一覧です。

CIMG1214.JPG

 え!見えない?じゃぁ、こちら↓

 http://www.8cci.or.jp/gourmet-guri/
posted by ハンノン at 00:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

A8キャンパスを受講して・・・

 ロハスな旅行の記事を色々、今まで書いて参りました。
 今回は、盛岡市の件について書く予定でしたが、変更します。

 去る7月31日に、A8netさんの「アフィリエイトセミナー」A8キャンパスなるものが、青森県八戸市で開催されました。しかも無料で!

 多くのネットプロバイダー会社では、東京や大阪、名古屋や札幌等を中心に「アフィリエイトセミナー」を実施しております。
 アフィリエイトとは、“ブログなり、HPなりに企業や商品の広告をアップして、実際にそれを閲覧した他者(本人の場合も有)が商品を購入、あるいは広告をクリックすれば報酬が発生する”という仕組みです。

 お小遣い稼ぎを目的とした主婦・サラリーマンから、ネットで生計を立てている方まで、やっている人は様々で、多い人では月にウン十万円稼いでいるという人も・・・。

 そんなセミナーが、こんなド田舎で!(失礼。でも東京や名古屋に比べれば、ド田舎であることは間違いありません)

 A8様には、本当にスマナイと思いつつ、半分は愉快犯的な感覚で参加しました。(内心、何かの間違いかな?と開催直前まで思っていた程です。)

 ですが、本当に来てくれたんです!東京から!。
 
 この日は、本当に勉強になりました。
 「アフィリエイトには覚悟が必要!3ヵ月で100記事目指せ!ネット上での儲け話は大抵ウソ!そんなに手早く儲けたいなら、ノーマルにバイトを探せ!」等々・・・。
 初心者アフィリエイターが陥りがちな、甘い誘い(情報商材系のアフィリエイト→止めるべき!)等、かなり突っ込んだ講演を聞くことができました。

 
 旅行のブログで何故、こんなことを書くのか!
 こういったセミナーを聞くために旅行と絡めて行く方法も手なのです。
 東京では、毎日の様に、経済系を中心としたセミナーや講演会を行っています。これを聞いて、帰り際に、浅草にでも立ち寄れば、それなりに旅行気分にはなります。間違い無く!

 ただ、ここで注意してほしいのは、何かの試験を受けるために、旅行と絡めるのは止めるべきということです。
 受験だけでも、神経が尖っているのに、試験後なんか、旅行する気分にはなれないでしょう。
posted by ハンノン at 23:55| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。