憧れの台湾!: 浪漫紀行 〜ロハスな旅〜

2012年06月13日

ロハスな台湾旅行




(↑台北からやや離れた九分。清々しい場所です。クリック!)

 今日ご紹介するのは、台北です。
 台湾の首都でもある台北は、商社やメーカーの在留邦人が最も多い国として知られています。
 その最大の理由は、台湾の方々が日本のことが好きだからなのでしょう。
 東日本大震災で最も多くの義捐金を頂いた国、それはアメリカなんかでは無く、台湾であったことを事実として知っている方はそう、多くはないでしょう。
 台湾とは同士国家との意識を強く抱きながら、今後、世界と対峙していかなくてはならないでしょう。

 堅い話はこの辺にして、この台北、横浜並の人口を有しながらも、それなりにダラケタ(失礼!)雰囲気が漂う、エキゾチックな街でもあります。
 すきですねぇ〜。
 ここに、何と3万円弱で旅行できるとしたら、かなり破格ではないでしょうか?
 さぁ、上の写真をクリック!ついでに下のバナーも!


(↓励みになります。クリックお願いします!)
にほんブログ村 旅行ブログ プチ旅行へ
にほんブログ村
posted by ハンノン at 00:04| Comment(0) | 憧れの台湾! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

格安で台湾へ!

西門町.JPG

 海外旅行で「安・近・短の王様」とも言われている台湾。
 韓国よりは遠いけど、何か南国的なユルイ感じが良い国です。
 羽田空港から、台北の街中にある松山空港までの便ができ、更に快適になりました。
 金曜日と翌週の月曜日とを休日にして、ユルイ気持ちになってみませんか?
 
 料金?
 実は、地方の方にこそ、台湾はお勧めなのです。
 東京に地方から遊びに行く場合、まずは東京まで出て行かなければなりません。当然、正規運賃で新幹線代金がかります。序に、宿泊代もバカにはなりません。最低でも7,000円はみておくべきでしょう。食事代も、3食なると、相当なものです。現地交通費も高いことは言うまでもありません。

 では、台北は?
 地方空港利用でも、それなりに安い航空券が販売されています。空港までは、自動車で!
 台北についたら、バスで市内へ。40分程度乗車しても1,000円なんてかかりません。なぜって?タクシーでその程度だからです。
 食事は、500円以下が普通、ホテルも安い所(但し安全であるとの条件付き)でも、1泊3,000円程度。地下鉄なんて、100円以下です。

 それで、まぁそれなりに楽しめる・・・。下手な国内旅行より、海外がオトクです。
 以下は、参考までに、行程表等です。(ここでは東京発着で考えます。)

≪行程表≫
◆1日目(金曜日)◆
 成田空港→桃園空港(台北)
 ★航空券購入は→全世界!お得な海外航空券なら【H.I.S.】


 桃園空港から、バスにて台北市内へ
 (フリータイム)
            〜台北泊〜
 ★宿泊予約は→オクトパストラベル



◆2日目〜3日目◆
 (終日フリー 〜九分、淡水等の観光〜 )

◆4日目◆
 桃園空港→成田空港(帰国)



【料金】
・航空運賃:18,000円(最安値は、12,000円程度)
・宿泊料 :15,000円(1泊5,000円計算。これでも高いです。)
・滞在費 :20,000円
・諸経費 :20,000円
 合 計 :73,000円
posted by ハンノン at 01:26| Comment(0) | 憧れの台湾! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

台湾旅行記(fin)

 台北4日目です。
 朝食は、街中のサンドゥイッチ屋さんで。(久々にヒット!)

 その後は、台北の京劇学校の見学でした。京劇は、日本の歌舞伎みたいなもの。
 歌舞伎の場合は、何故か分りませんが、“家元制度”なるものがあり、それが閉鎖性の元凶とまで言われていますが(どうでもいいことですが、家元制度、考えようによっては、単なる“ねずみ講”でしょう)、ここ台湾では、訓練と選抜による受験戦争さながらの人材登用がされています。(こういった部分は、日本も真似るべきです。歌舞伎座に行って“○○屋!”なんて叫んでいるのは古いです。実力重視でいくべきでしょう。)
 ここは、京劇の学校だけあって、木曜日は確実に学生さんの京劇を見ることできます。しかも、格安の値段で!

 京劇、勉強になりました。中国雑技団ってありますが、これは、実は京劇の中にあるアクション部分をショー風に仕立てただけの話なんです。
 と言うことは、京劇とは・・・?そう、感の鋭い方なら分る筈!京、所謂、北京の劇という意味なんですが、その演目は、殆どは、戦争や闘争等、“戦い”がメインテーマなようです。(ここが歌舞伎と全く違います。)

 午後は、台北101ビルに昇りました。地上300メートル以上、東京タワーより高い世界第二のビルだそうです。ドバイが第一らしんですが、今は昇れるのでしょうか?そう考えると、この101ビルが、一般の方々が行ける世界一高い人口建造物と言うことになりはしないでしょうか?(台北101ビル↓↓)

101.JPG

 この台北101ビルも、何故か、日本流行り。この日本流レストラン↓↓

daikannyama.JPG

 「代官山と出会い
      代官山を味わい
         恋しくて代官山」


 はぁ?っと思いました。・・・代官山って有名らしいです。・・・東横線の渋谷の次の駅が代官山でしたが・・・。
この界隈は、台北の銀座の様な場所です。街並みもしっかり整備されており、変な屋台(失礼・・・)なんかもありません。序に言えば、海外に行くといつも思うのですが、やたらと多い違法駐車!これは台湾だけでなく、今までいったどこの国もそうです。ヨーロッパも例外ではありません。但し、この界隈だけは1台もありません。(これはすごい!概ね、海外どこでも、両脇1車線は車が縦列駐車しています。但し、中国だけは、直角駐車です。こんな所見ても、“中国の無茶振り”が目につきます。自費では絶対行きたくない国です!)

そんなこんなで、楽しい台湾旅行も終わりました。最終日5日目は、朝早く叩き起こされて、飛行機で、「じゃぁ、さようなら〜」でした。
最後に、今回の旅行でも、そして前回の旅行でもお世話になった、「西門町」の夜の街並み(地下鉄駅前)に、お礼を言います。“ありがとう〜台湾!また来る日まで”(・・・今度は、本当のプライベートで“要するに一人で来てやる!”と心に誓ったものの、何時になることやら・・・。↓↓西門町の地下鉄の駅前の喧騒。西門町は台北の渋谷とも言われている。

西門町.JPG

台湾名物「パインケーキ」↓ これは、マジでうまい!


posted by ハンノン at 22:10| Comment(0) | 憧れの台湾! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。